庭を綺麗に保つ為に行う草刈りの大切さ|便利な方法で楽に刈る

花

竹林を持っている場合は

木を切る人

業者に手入れを任せる

中国産の安いタケノコがドンドン輸入されるようになった結果、所有している竹林を放ったらかしにする人が多くなりました。手間をかけてタケノコを育てても、輸入物に押されてしまい、思うように売りさばくことができません。また、建築資材や工芸素材としての竹の需要も減ってしまったため、竹林の手入れを怠る持ち主が増加しています。しかし、竹は繁殖力が非常に強いので、手入れを怠っていると手がつけられない状態に陥ってしまう恐れがあります。また、他の植物を駆逐して自然の生態系を壊してしまう恐れもありますので、定期的に間伐を行って、竹林が広がりすぎないようにすることが大切です。とはいえ、竹の間伐はなかなか大変な作業です。自分1人でやっても埒が明きませんので、専門の間伐業者を利用するケースが多いです。間伐業者は複数の作業員を投入して一気に作業を進めてくれますから、短期間で竹林の整備を終えてくれます。

とても危険な作業です

竹は内部が空洞になっていますので、木を伐採する場合に比べるとはるかに楽に伐採することができると考える人が多いです。確かに、竹をノコギリで切る作業そのものはそれほど大変ではありません。しかし、作業の安全性の高さという観点から考えると、木を伐採する場合よりも危険度が高いと言える面があります。竹の間伐をする際には、頭上だけでなく、足元にも十分な注意を払う必要があります。安全靴を履いていないと、竹の切り株に足を貫かれてしまう恐れがあります。また、たまたま転んだ場所に竹の切り株や新しく生えてきたタケノコがあった場合は、大怪我してしまう可能性が高いです。自分で間伐するのが一番費用がかからない方法であることは事実ですが、危険を伴う作業ですので、専門業者に任せてしまう方が安全です。