庭を綺麗に保つ為に行う草刈りの大切さ|便利な方法で楽に刈る

花

庭に果樹を植える

剪定

果実を収穫するには

庭にシンボルツリーとしてキレイな花を咲かせる木を植える人が多いですが、小さなお子さんがいる家庭では果樹が人気になっています。果樹の中には、実をつける前にとてもキレイな花を咲かせるものがあります。花と実の両方を楽しむことができるため、果樹が高い人気を集めています。りんご、みかん、柿、ブドウ、さくらんぼなど、様々な種類の果樹がありますが、近年ではベリー系の果樹も人気になっています。ただし、植えてから何年経っても果実どころか蕾さえつかないというケースがしばしばあります。ほとんどの場合、剪定のやり方が間違っていることが原因になっています。その年に伸びた枝に実をつける果樹もあれば、前の年に伸びた枝にしか実をつけない果樹もあります。しかし、そのことを知らずに、残しておくべき枝を切ってしまう人が少なくありません。庭で果実を収穫したいと考えているなら、正しい剪定を心がけることが大切です。

専門業者が人気です

果樹にしろ花木にしろ、毎年実や花を楽しみたいのであれば、剪定業者を利用するのが一番です。剪定業者は樹木に関する専門知識を豊富に有していますので、間違ってもおかしな位置で枝を切り落としてしまったりすることはありません。また、剪定に適した時期も心得ていますから、木に余計な負担をかけずに済みます。いつ剪定しても少し経てばまた枝が伸びてくるだろうと軽く考える人が多いですが、不適切な時期に強めの剪定を行うと、木自体が弱ってしまいます。時期を考えて剪定を行うことは、想像以上に重要なことです。正しい方法で毎年剪定を行うようにしていれば、木の寿命が伸びます。ずっと美味しい果実を食べ続けられるようになるため、多くの人が専門業者に剪定を依頼しています。